事前に加入はすべき|保険のことで頼れる人がいる【ファイナンシャルプランナーの利用ポイント】
ロゴ

家計サポートナビ

手厚い保証で海外の観光地を満喫【保険のある旅行の利便性】

事前に加入はすべき

パスポート

数日だけの滞在でも油断は禁物!

海外旅行中に、病に倒れてしまったら、現地の病院で治療を受けることとなります。日本と違い、まず健康保険が適応されにくいため、医療費負担は全額となります。「私は健康体だし、数日だけの滞在だから大丈夫!」とはいえ、海外には日本で撲滅した疾患がまだ蔓延している地域もあるので、万が一を想定して保険は加入すべきです。

海外での治療費は高額!

海外の病院では、まず日本の健康保険は適応されません。医療費負担は、ほぼ全額だと思ってください。例えば、日本なら10万円以下で治療できる盲腸でも、海外では300万円をも超える費用がかかる場合もあるのです。

その他費用も保険で賄える!

それに、海外で病に倒れたら、治療費以外にも必要となる費用があります。救急搬送代や医療通訳者の手配料です。治療費とその他費用をその場で一括支払いをするのは無理があるでしょう。そのような不測の事態でも、保険加入を済ませておけば、スマートに治療費やその他諸々の費用を支払えます。

保険加入で気になる点

現地で持病や即往病の治療も大丈夫?

大丈夫ですよ。持病を持っている人は、入りにくそうな印象を抱く保険でも、応急治療・救援費用補償特約により海外の病院で治療を受けても保証可能です。ただし、特定の疾患だと保証対象外となるので、受付け可能な持病の種類を把握しておきましょう。

渡航後でも保険加入は受付けますか?

海外へ渡航した後の保険加入は受付けていません。加入は、必ず旅行出発前に済ませてください。ネットや代理店は勿論、出発当日に空港の保険受付けカウンターで気軽に申し込みが出来ます。

危険度の高いスポーツをやる場合も保証されますか?

ケガをしやすいスポーツを行なう場合、基本的には申し込みは受け付けません。スポーツ中にケガを負っても自己責任となります。保険会社の中には、危険度の高いスポーツを行なう目的の人でも入れる保険もありますが、割増での保険料が必要となるケースが多いです。

保険加入はネットでも大丈夫?

はい、インターネット上からでも、海外旅行保険の申し込みが可能です。忙しくて代理店で申し込む余裕がない場合は、インターネットからの加入手続きを済ませるのがおすすめです。保険会社によっては、ネット限定のプランやサービスを設けているところもあるので、じっくりと内容を吟味してから加入を済ませましょう。

現地で体調を崩したら現地の病院を紹介してくれますか?

はい、基本的には保険会社と提携を結んでいる病院を紹介してくれます。ちなみに、保険会社のお問い合わせはほとんどが24時間いつでも受付けているので、時差や時間帯を気にせず気軽にご連絡ください。

広告募集中